menu

第二新卒歓迎

第二新卒の転職事情

一般的に、大学卒業者の場合、3年以内に3割が離職する「3年3割の法則」が存在するといわれています。また現在は、有効求人倍率が1,0以上ということで、売り手市場である為、法人側は採用計画人数に達していないことも多いです。
しかしながら、ご注意いただきたいのは、来るものを拒まずという採用をしていれば、当然計画人数には達していたケースもある為、採用ハードルが低い訳ではありません。

第二新卒歓迎の求人とは?

語学力、学歴、キャリアなどを重視したという企業はほとんどなく、人間性を見ているようです。今後のビジョンやそれに向かう意欲などを重視しています。また第二新卒者には最低限のスキルの有無もポイントになるかもしれません。前職で受けた教育や退職した時期などによって差がついている部分ですね。また最低限のコミュニケーション能力、は必要になるかもしれません。

第二新卒者の転職を成功させるポイント

なぜ、退職をしたのかという明確で誰もが納得をする理由が必要です。そしてこれからどうしていきたいのかというキャリアビジョンも必要です。 少なくとも新卒で入職した際の選択を踏まえて、しっかりと考えていく必要があります。前職の延長線上で次も考えるのかどうかといった所からこれまでの我々の経験も踏まえてアドバイスいたします。

ですから、弊社にご相談ください!

ポイント1

ご面談などを実施し、お人柄や前職で学んだことなどをお聞かせください。そしてご自身がどうしていきたいのか、多くの第二新卒者が歩んだ道などをお話しますので、一緒に考えさせて下さい。

ポイント2

弊社はオーダーメイドの転職サポートを売りにしておりますので、ほとんどが非公開求人です。その非公開求人の中から実際に担当している求職者(つまり、貴方)を売り込んでいくという作業が必要になります。その中で、早期退職とならない様に、貴方の思うキャリアパスが描ける様に、法人の状況などをお伝えします。ご経験やお人柄が折り合うのかしっかり見極める必要があるのです。それが弊社のご転職サポートです。

ご登録はこちら