menu

50代以上歓迎

50代の転職事情

一般的に50代以上の転職となると、全体の7~9割程度が非正規職員としての雇用です。その為、常勤での勤務をご希望する場合は対象となる求人数が少ないことに加え、以下の3点がさらに転職を難しくさせています。

理由1:すぐに定年を迎えてしまう為、もう少し若い方を採用したいと法人が考えている
理由2:キャリアが上の後輩(場合によっては雇用主より上)となる為、扱いが難しい
理由3:給料が高い

つまり、一般的に、転職市場において好まれるのは「少しでも年齢が若く、扱いやすい、コストのかからない方」です。

50代以上歓迎の求人とは?

50代以上の方に求められることはズバリ、経験です。具体的には管理職などのマネジメント経験のある方などをお探しの法人が多いです。またマネジメントの経験がなくても、組織が若すぎた場合に教育のできる方であったり、育児も落ち着いていてシフトを任せられる方など、即戦力であることを前提として、50代以上歓迎の求人は一定数ございます。

50代以上の転職を成功させるポイントし

何よりも大切なことは、書類だけで判断をされないようにすることです。一般的に一次審査は簡易的な書類のみ、多くが履歴書の提出のみとなっております。それだけではいい所をお伝えすることができず、もっぱら「年齢が高く、お給料も高く、扱い難い」応募者となってしまうのです。

ですから、弊社にご相談ください!

ポイント1

ご面談などを実施し、これまでのキャリアや実績をより掘り下げて法人へお伝えすれば、通常ご面接とならないような場合でも面接をしてもらえることもございます。余すことなく、貴方のお人柄までお伝えをし、しっかり貴方を売り込みます。

ポイント2

50代歓迎の求人はほとんどが非公開です。弊社はオーダーメイドの転職サポートを売りにしておりますので、ほとんどが非公開求人です。その非公開求人の中から実際に担当している求職者(つまり、貴方)を売り込んでいくという作業が必要になります。その中で、法人の状況と求職者の方のご経験やお人柄が折り合うのかしっかり見極める必要があるのです。それが弊社のご転職サポートです。

ご登録はこちら